車線の合流が怖い…合流時のコツと注意すべきこと

運転が上手くなりたい!!

自動車免許を持っている人なら誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

そんな運転の中で「高速道路での合流が怖い!」という声をよく耳にします。

今回は合流するときに注意すべき点を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

目次

合流するときの注意点

一番大事なことは周りの状況をよくみることです。

「そんなことわかってるよ!」

「状況をみるといっても何を気をつけていいかわからない!」

このように思う人も多いと思うので詳しく解説していきます。

高速道路の入口から加速車線(合流車線)の状況を確認

スムーズに合流するためのステップは高速道路の入口から始まっています。

高速入口やパーキングエリアからの合流でも入口から加速車線までが坂道やカーブになっていることが多く、特に注意するのは上っているときとカーブしているときです。

意識しないと自分で思っているよりもスピードが遅くなってしまい、合流するときに本線を走行している車とのスピード差が大きくなってしまいます。

スピード差が大きくなってしまうと合流するタイミングをみつけることが難しくなり、追突の危険性も高くなってしまいます。

加速車線が上っている場合でも本線と並走するときには平坦になっていることが多いのでなるべく本線を走行している車とのスピードを近づけられるようにしましょう。

カーブの場合はカーブの途中でスピードをあげるのは危険なのでカーブの出口から直線にむけて徐々にスピードがあげられるといいですね。

下りの場合はスピードをあげやすいので、本線を走行してくる車を確認しながらスピードを調整して合流しましょう。

前の車との車間を十分にあけながら視野を広くする

合流が苦手なドライバーの方は、いざ合流する直前になって本線を走っている車を確認し始める傾向があると感じます。その時点で初めて本線の状況を確認するのはタイミングとして遅く、合流するポイントを見つけづらくなってしまいます。

実際に合流するより早め(坂道を上っている途中やカーブを曲がっているとき)からある程度本線の状況を確認して「あの車の後ろに入ろう」といったように合流するポイントを想定しておき、それに合わせて速度を上げていくといいでしょう。

この想定をするために合流時に前に車がいる場合には車間距離を十分にとり、余裕をもって確認動作が出来るようにすることが必要です。

しかし首都高速などでは加速車線が短い上に塀や壁などで本線の状況を確認することが難しいケースがあります。その場合は合流までに制限速度の近くまでスピードをあげ、特に集中して本線を走行している車に注意しましょう。

※このような見通しの悪い加速車線の場合、何百回、何千回と首都高を利用している僕でも怖さがあります。そもそも、見通しの悪い高速道路の入口を慣れないうちは選ばないというのをオススメします。

本線への合流時の注意点

本線へ合流するときは加速車線を最大限に利用し、サイドミラーを使って本線走行車を確認しスピードをあげていきましょう。

合流の3秒前には必ずウィンカーを出し、本線を入る車に合図を行うことを絶対に忘れないでください。稀にウィンカーを出さない車も見かけますが、それは道路交通法違反です。ウィンカーを出さずに合流する行為はとても危険です。ぜっっったいにやめましょう。

合流するポイントは上記でも書いたとおり「あの車の前に入ろう」ではなく「あの車の後ろに入ろう」といった考えが必要です。

前に入ろうとすると、本線を走っている車が「合流してくる車は後ろに入るだろう」と想定していた場合、加速することもあり結果的に並走状態になることがあります。

その結果加速車線の猶予が減り、更に合流が難しくなってしまいます。

合流時は本線を走っている車が優先!ということを頭にいれて本線走行車の後ろに入るように意識しましょう。

合流に慣れるための方法

合流時の注意点はわかったけど、いざ実際に走行するときに出来るか不安!と思う方も多いと思います。

まず初めのうちは運転に慣れている人に助手席に乗ってもらい、合流時の確認を一緒にやってもらうと安心して練習できるでしょう。

このときに確認作業を助手席の人に丸投げするのではなく、一人で確認するのを想定して一連の確認作業を行い、もし危険があるときにだけ助言をもらうようにすると合流にも慣れてくると思います。

また、合流時は本線の状況をミラーで確認することを想定して普段からミラーの扱いに慣れておくことが大切です。高速道路本線を走行中などで余裕があるときにミラーで後続車の状況を確認する癖をつけておくと合流時に役立ちます。

追い越し車線から来る車がどう見えるか、後続車がスピードを上げているのか下げているのかすぐに判断できるようになると慌てずに合流できるようになるでしょう。

どうしても1人で運転しないといけないときは加速車線が比較的長い高速道路入口などを選ぶといいと思います。

近くにこのような入口がない場合はルートの変更も視野に入れたほうがいいでしょう。その為には、出発時間を早めることやあらかじめマップの確認、ルートの確認を行うことが必要です。

本線を走行時の注意点

ここからは本線を走行している場合の注意点を説明します。

本線を走行している車の方が、合流車よりも優先されると先程説明しましたが本線走行車にも譲る意識を持つことは必要です。

高速道路の入口やパーキングエリアの出口が近づいてきたら加速車線の車のスピードを確認してどこに合流してくるか想定しましょう。

本線を走っている車の方が加速車線から合流してくる車を見やすいので状況に応じてスピードを加減して譲ってあげる意識をもっていると合流車も入りやすくなります。

三車線道路の中央車線や追い越し車線に車線変更する選択肢もありますが、安易に車線変更を行わずに前後に車が近くにいない状態のときのみ行うようにしましょう。

車線変更はリスクを伴うということを頭に入れて、確認がしっかり取れているときのみ行うのが賢明といえます。

まとめ

  • 大事なことは周りの状況をよく見ること
  • 合流時はスピードを本線走行車に近づける
  • 先行車との車間を十分に取り安全を確保する
  • スピードの加減をしてお互いに譲る意識を持ちつつ合流すること

合流時の注意点を説明しましたが、実際に高速道路などの入口で合流車とタイミングが被ることの方が少ないです。被ったとしてもほとんどの本線走行車は譲ってくれるので怖がりすぎずに落ち着いて運転すれば大丈夫です。

もしもタイミングが重なった場合のみ、この記事を思い出して焦らずに対応してもらえればと思います。

安全運転で楽しいドライブを楽しみましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次