【寸又峡】夢の吊り橋は早朝がおすすめ!アクセスは車一択?

夢の吊り橋は静岡県川根本町の寸又峡(すまたきょう)にある大間ダム湖にかかる吊橋。

高さ8メートル、長さ90メートルの吊り橋で綺麗なエメラルドグリーンの湖を真上から眺められると話題な観光地ですね。

死ぬまでに1度は渡りたい吊り橋として日本だけでなく世界的にも人気があります。

こんな人気な観光地なので行楽シーズンは大変混雑していますが、早朝に行くことで混雑を避けることができました!

寸又峡はバスでもアクセスできますが、早朝に行くなら車一択になるでしょう。

今後行く予定のある人はこの記事を参考にしてみてください!

スポンサーリンク

目次

実際に行った記録

夢の吊り橋は季節を選ばずにいつでも楽しむことができますが、僕が夢の吊り橋に行ったのは1年の中で1番人気のある紅葉シーズンです。

この1番混雑しやすい時期でも早朝に行くことでスムーズに観光を楽しめたので夏、冬、春に行く人も参考になると思います。

静岡SAスマートICから車で約1時間半

東京を出発し東名高速から新東名高速を経由して降りたのは静岡SAのスマートIC。

(名古屋方面からは島田金谷ICで降りたほうが近いです)

朝5時前に高速を降りたのでまだ空が暗い時間帯に山道を運転しました。

この静岡SAから寸又峡までの道は基本的に1本道で狭いので交通量が増えると渋滞することもあります。

しかし今回は5時台のドライブだったのですれ違う車もほとんど無くスムーズに運転できました。

約1時間半で寸又峡に到着。

ニホンカモシカがお出迎えしてくれました!

夢の吊り橋の入口にあたる場所です。

夢の吊り橋入口近くのお店に駐車

「長島園」というお店の駐車場に車を停めました。

駐車料金は¥500

入口の近くのお店なので歩く距離を短縮できておすすめです!

ただし台数が限られているので早朝に来ないとすぐに埋まってしまうと思います。

目の前にトイレもあって利便性も○

吊り橋まで徒歩で約30分

車で寸又峡に着いてもすぐ目の前に吊橋があるわけではありません。

ここから歩いて約30分の道のり・・・!

横目に山を眺めながら舗装された道を歩いていきます。

朝だと静かにトレッキングできて気持ちいい!

観光客もまだ少なく、小鳥の鳴き声が聞こえてきます。

210m続く天子トンネルを抜けると眼下には小さく夢の吊り橋が!

ここまでで約20分

階段を降りて徐々に近づいていく

行ったのは11月中旬でしたが、紅葉のハイシーズンとは少しずれてたかもしれませんね。

階段、緩やかな下り坂を降りて吊り橋に到着!

吊り橋をひとりじめ!

まずは写真をみてください!

人がひとりもいなーい!

こんな写真が撮れるのは早朝の特権ですね♪

横から撮るとこんな感じ

綺麗な景色!!

ですが正直言うともう少し綺麗な水の色を想像してました(笑)

後で聞いたら数日前に降った雨の影響で湖の色が完全には戻っていなかったようです。

ここに来るタイミングも重要・・・

完璧な状態の夢の吊り橋、寸又峡を見れたら本当に願いが叶うかもしれませんね!

吊り橋を渡ってみる

写真でみてわかる通り、吊り橋の幅はとても狭いです。

高所恐怖症の人は渡れないかもしれません。

足を踏み外したら落ちてしまいそう・・・

携帯は落ちたら確実に湖にさよならですね・・・

橋から右側を眺めると大間ダムが見えました!

橋に乗れるのは1度に最大10人までの決まりがありますが、その理由を渡ってみると体感できます。

人が歩くたびに揺れて「ギシッギシッ」という音が響くので高所恐怖症ではない僕でも怖く感じました。

ふざけて走り回ったりするのはやめましょうね。

落ちる人が出てもおかしくないです。

夢から醒める地獄の階段

ハイシーズンの夢の吊り橋は一方通行になっていて来た道を戻ることができません。

吊り橋を渡ったあとは約300段の階段上りが待っていました。

この階段が急で足場も良くないので本当に大変です。

必ず歩きやすい靴で来ることをおすすめします・・

階段の途中で振り返ると吊り橋が見えました!

このアングルから見る吊り橋の景色も綺麗ですね。

(この角度になるまで階段を登ると覚悟してください)

階段を上りきり坂道を少し登ると休憩もできる展望スペースがありました。

尾崎坂展望台

大井川鉄道で使われていた電車でしょうか?

ここにはトイレや自販機もあるので景色を見ながら休憩できます。

(このあと約50分歩きます)

遠回りして入口に戻る

帰りはぐるっと遠回りをして入口に戻りました。

道中は山や咲いてる花を見ながらのんびり歩きます。

帰りも川を渡りますが通る橋の名前は飛龍橋。

橋からは遠くに夢の吊り橋も見えました!

こう見るとだいぶ遠回りして帰るのがわかりやすいですね。

約50分歩いて入口に戻れました。

飲食店で朝ご飯を食べて寸又峡散策終了

戻ったころの時刻は8時半。

反対に今から吊り橋に向かう人が多く

「これから混みそうだな〜」

と横目に見ながら朝ごはんを食べます。

しいたけそば  ¥800

山いも餅 ¥500

この日は寒かったので冷えた体に染みました。

どちらも美味しかったです!

しいたけに味が染み込んでて美味い!!

手造りの店  さとう
営業時間 6:00〜18:00

スポンサーリンク

川根本町は吊り橋が他にも!

寸又峡がある川根本町エリアには他にも吊り橋がいくつかあります。

目に入った吊り橋に寄ってみました。

両国吊橋

寸又峡に向かう途中の道から左側に見えてくる吊り橋です。

作りはしっかりしてそうなので夢の吊り橋ほど揺れなかったですね。

下を流れる川の水が綺麗でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次