ラビスタ富良野ヒルズ宿泊記ブログ!朝食ビュッフェに大満足なサービスのレビュー!

「ラビスタの朝食が気になる!」
「どんなサービスが受けられるの?」

宿泊前に知りたい人も多いのではないでしょうか?

今回はラベンダー畑が見頃で富良野に最も人が集まる7月に宿泊してきました!

イチオシの朝食メニューや嬉しかったサービスを紹介していきます。

この記事を読めばスケジュールも立てやすくなり、宿泊するのが楽しみになること間違いなし!ぜひ最後まで読んでみてください。

今回の宿泊情報

大人2人  2泊  朝食は最終日のみ

目次

北海道産の食材が豊富な朝食バイキング!

ラビスタに宿泊するなら朝食をぜひ食べてほしい!

ということで初めに紹介します。

朝食会場は1Fのレストラン

Ginza Bistoro Ginsai Furano

ちなみに宿泊してなくても前日22時までに連絡すれば朝食バイキングのみでも利用できます

朝食バイキング

【営業時間】6:30〜9:30
【料金】大人 ¥2300
      小学生 ¥1650
      子供 ¥1200

メインは乗せ放題の海鮮丼!

ラビスタの目玉メニューと言ったら乗せ放題の海鮮丼。

この日用意されてたネタ
  • いくら
  • ねぎとろ
  • サーモン
  • いか
  • 甘エビ

自分の好きなネタを自由に乗せることができます。

特にいくらのかけ放題はたまらない・・・!

(こぼれているいくらがもったいない・・・!)

今回は全種類のネタを乗せた海鮮丼にしましたが、いくらだけをご飯にかけて贅沢ないくら丼を作ってもいいですね。

ご飯も白米と酢飯(赤酢)の2種類が用意されていて好きなほうを選ぶことができます。

富良野メロンも取り放題!

これも嬉しかった!

富良野産のメロンが用意されていて好きなだけ食べられます。

やはりメロンは人気で続々と人が集まり数が減るのも早く感じました。

でも安心してください。

今回6:45〜8:00で朝食を食べましたが、次から次へとメロンが運び出されていたので焦らなくても食べら・・・れるはずです!

1人3切れくらい食べてる人が多かったですね。

僕は妻と2人で5切れずつ食べました!

富良野で有名な「とみたメロンハウス」で食べたメロンの味と遜色なかったのでかなり良いメロンが用意されているのではと思います。

すいかも美味しかったですが、メロンの衝撃が強すぎました(笑)

他にも道産の食材が使われたメニューがたくさん

朝食はパン派!の人にはフレンチトーストがおすすめ!

トースターも用意されているので温めて食べられます。

クロワッサンもありましたよ。

このプリンも美味しかったです。

自分で好みな量のキャラメルソースをかけられます。

北海道牛乳を使用しているみたいですね!

他にもハムやチーズ、焼き魚や目玉焼きなどバイキングの定番メニューも取り揃えられていました。

別のホテルの朝食と比べても満足できる品数は用意されていましたね。

朝食の時間帯は早いほうがいい

6時45分に会場に入ったときは問題なく席を選べる状況でしたが、7時半を過ぎたあたりから席が空くまで待ち時間が発生していました。

8時過ぎに会場を出たときにも5組ほどの待ちが発生していたので、すぐに席に着きたい場合は時間を早めたほうがいいのかなと思います。

特に今回僕が行った7月は宿泊客で混み合う時期なので注意が必要ですね。

\ ラビスタ富良野のページに飛びます/

充実の無料サービス

  • ウェルカムドリンク
  • 湯上がりサービス
  • 夜鳴きそば

ウェルカムドリンク

宿に着いて一息・・・

飲み物が飲めると嬉しいですよね。

コーヒーが置いてある宿がよくありますが、ラビスタではオレンジジュースや烏龍茶も無料で準備されています!

コーヒーが苦手な子供も喜ぶサービスで家族連れもみんなで楽しめます。

僕も個人的にオレンジジュースが好きなのでこのサービスはとても嬉しかったです。

時間は15時〜23時となっていましたが、朝食のあとにも利用することができました!

湯上がりサービス

お風呂上がりにハッピーな気持ちになれるサービス!

夜はアイス、朝は乳酸菌飲料が用意されています。

夏の暑い時期の風呂上がりのアイス!

買いに行ってでも食べたくなりますが、これが無料で好きな味を選べるのは嬉しかったです。

夜鳴きそば

少し小腹が空いたなーというときに満たしてくれる夜食サービスです。

夜鳴きそばとは深夜に食べるラーメンのことを指し、ラビスタ富良野ではあっさりとした醤油ベースのラーメンでした。

とても優しい味であったかいスープが身体に染みました。

夜食用なので麺は半玉と食べやすい量で提供されます。

しかし、希望を伝えれば大盛りも注文できる上におかわりまでできちゃいます!

夜ご飯を食べられていなくても何杯でもおかわり自由なのでお腹を満たすことができそうです。

裏メニューも!

夜にラーメンはちょっと・・・という人もいるかもしれません。

そんな人には裏メニューもあります!

「麺抜きで!」と伝えると夜鳴きそばと同じスープに麺の代わりに湯豆腐を入れて提供してくれます。

僕も2泊目の夜は外でラーメンを食べてからホテルに戻ってきて「麺はもういいかな・・・」というお腹の調子だったので「麺抜き」で頼んでみました!

刻みゆずがいいアクセントになってこちらも美味しかったです。

22時半以降が空いてる

夜鳴きそばの提供時間は22時〜23時

1泊目は22時過ぎにレストランに行くと人がいっぱいで列ができていました。

2泊目は22時半過ぎに行くとガラガラで待ち時間もなく席も空いていたのでゆっくり食べることができました。

早く寝たい!など急いでなければ開始の時間とずらして食べに行くことをおすすめします。

\ ラビスタ富良野のページに飛べます/

サウナーも満足?紫雲の湯

お風呂は正直広いとは思いませんでしたが、ところどころに嬉しいポイントがありました。

一番は露天風呂での外気浴!

露天風呂は9Fにあって眺望もよく、北海道の気候なので夏でも風が冷たく感じて「ととのう」環境が備わっているなーと感じました。

イスが4つ用意されていてサウナ・水風呂・外気浴をループしている人もいましたね!

お風呂には宿泊中に計4回

  1. 22:30
  2. 9:00
  3. 20:00
  4. 6:00

の時間帯に入りましたがどの時間帯でも混雑はなく、ゆったり過ごすことができました!

ちょびっと嬉しいポイント

普通のシャンプーの他に「冷感シャンプー」も夏限定で用意されていて

「サービス精神豊富なホテルだなー」

と感じました。

冷感シャンプー自体が嬉しいというより、企業努力がすてきですよね。

また脱衣所のパウダーブースのドライヤーが「ダイソン」だったのもびっくりしました!

今まで使ったことがなかったので嬉しく思いました。

風量がすごい。

貸切風呂もあり

共同の浴場以外に貸切風呂もありました。全部で3つあります。

予約制ではなく先着順なので空いているかどうかは運ですね。

今回は毎回すべて埋まっていたので利用できませんでしたが、ファミリーやカップルで一緒に入れる貸切風呂があるのは魅力です。

泊まった部屋紹介

泊まったのはツインルーム。

部屋のサイズ感としては、狭くも広くもなくちょうどよかったです。

滞在中は夜ご飯を外に食べに行っていたので、部屋で過ごす時間も少なく不自由はありませんでしたね。

洗面所も綺麗に掃除されています。

トイレも独立しているのが嬉しいですね。

館内着もあります。

ホテル内は館内着で過ごしている人が多かったです。夜鳴きそばの時間帯もみんな館内着で食べに来ていたので格好を気にしなくても大丈夫ですよ。

近くにグルメスポットも豊富

富良野駅から近い場所に位置していて、歩いて行ける距離に美味しいグルメスポットが点在しています!

朝食はラビスタで、夜は街に繰り出すのがおすすめな過ごし方ですね。

グルメスポットについては下記の記事でまとめています。

あわせて読みたい
夏の富良野グルメ旅!行ってよかったグルメスポット7選 夏の富良野はラベンダー畑が見頃でとても人気な観光地。しかし富良野の魅力はラベンダー畑だけではありません! カレーやメロンに始まり、美味しい食べ物がいっぱいです...

アクセス・駐車場

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次